飛べ飛べ!めだか

メダカの飼育記録、ビオトープや平凡な日常の出来事など♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道具は大事だよ

この時期はネタもないので普段使っている水槽関係の道具を紹介しちゃいます
別に興味ねーよ!と言われても紹介しちゃいます(笑

でも残念ながらADA製品がずらりと!みたいなリッチな感じではないですけどね
貧乏くさくてがっかり・・・おっと!安くても自分が使いやすいものしか使ってないのですよ~












まずは水換え道具の定番ご存知プロホース
上下に振って作動させるタイプではなく上のボタンをシュポシュポするタイプがお気に入り

上下に振るタイプは水槽の中がグチャグチャになるので使いづらい・・
自分が勢い付けすぎなだけかもしれませんけど
DSC02278.jpg













そして左側が水を追加する容器4ℓ
水替えの前に汲んでおいて水温を室内の温度まで合わせて使います
コックが付いているので飼育容器の上から水量を調整しながらドボドボと入れられます

右側の容器は水を抜いた排水を溜める容器
なんの変哲もないプラ容器4ℓです
DSC02275.jpg

気が向いた時に飼育容器の底にたまった汚れをスポイトでシュポシュポ汲んだりします
排水容器は満タンになるまで部屋に置いてるのでフタ付き容器じゃないと見た目がつらいのです

ちなみにこの排水容器の中では毎回知らないうちに結構な数の稚魚が泳いでいます
どんだけ~(笑










そして水をこぼした時の必需品
トイレットペーパー・・・ではないですよ 紙ウエスです

水を吸っても破れません、と言うよりしぼって何度でも使えます
これ一個で数百円 結構重宝しています
DSC02271.jpg
















長めのピンセット あのお安いメーカーのです
十分役にたってます

あとはいろんなものを掬うオタマ
もち!100均です
DSC02346.jpg











採取した卵を入れとくプラ容器とホワイトボード用のペン
この日々退化している私の頭
卵入れの容器に書いておかないと『あなた誰の子?』という子が増えるだけ(笑

ちなみに早く孵したい卵は蓄熱暖房機や水槽照明のそばに置いておきます
DSC02350.jpg

ちなみにめだかの卵の孵化は一般的には通算240℃とか250℃と言われていますよね
20℃なら12.5日 25℃なら10日で孵る計算

それなら50℃なら5日!?100℃なら2.5日に!!!
200℃なら ナ!ナ!ナント!1日とちょっとー!! 

オイッ(笑

めだかのゆで卵ができるだけです 酒の肴にもなりません ←なんだかな~(笑
















水合わせ用の点滴キット
自作している方も多いとは思いますが、やはり市販品は使いやすくて便利です
DSC02283.jpg








こうやって水面より高いところに置いておくと勝手にポタポタ入れてくれます
たしか1,000円くらいだったでしょうか
シュリンプを入れるときは超便利です
DSC02279.jpg











とは言っても実際のところ自分はめだかの場合は点滴までしてないのです
水温と水をテキトウに合わせてドボン・・・と
IMG_9723.jpg



皆さんはどうしてるんでしょう?
気になるな~(@_@)

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ

スポンサーサイト
プロフィール

kanbee

Author:kanbee
ウォータガーデンビオトープやアクアを
しながら暮らしています♪

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。