飛べ飛べ!めだか

メダカの飼育記録、ビオトープや平凡な日常の出来事など♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーバーフローの作り方

タイトルのとおりプラ船のオーバーフローの私流の作り方です
ちょっと器用な人なら間単にできると思います

DSC02618.jpg








まずは自分の理想とする最高水位を決めて ズバっと穴を開けちゃいます
今回の方法だと後から変更するのは難しいので慎重に!
DSC02264.jpg








こちらの部材を使います 「ロングタンク取出金具」 といいます
サイズは20mmを使用します 上で開けた穴の径は30㎜のサイズのホルソーを使いました
ツバ部分より大きくなければいいのでこれより多少大きくてもいけるかと思います
DSC02265.jpg
この穴あけが出来るかどうかが分かれ道だと思います
工具がないときはキリか何かで地道に丸く穴を開けられればOK
ゴムパッキンで抑えるので穴の精度で水漏れはおきないと思います








それをこの向きで通して
DSC02266.jpg







裏から締付ければ金具の取り付けは完成
DSC02669.jpg









表はこんな感じです メスネジの20mmが見えますね
DSC02268.jpg








ここでこれが登場 ジャーン 「外ネジ防虫目皿」 といいます 
これまたサイズは20mm 材質はクロームメッキ製です、今のところサビはでてません 
ステンレス製もあるんですが値段が・・・
DSC02673.jpg






それを手でくるくるっとねじ込めば ハイ完成♪
DSC02272.jpg
どうでしょう?分かりましたか?間単でしょう








さらに・・・・











給水用塩ビ管 バルブソケットと言う物を用意すれば
DSC02679.jpg







こんな感じで接続できるので塩ビ管を繋いでいけばお好きなところに排水できます
DSC02680.jpg
防虫目皿の網目の大きさにも限界があるので針子は流される可能性が・・・
なので一応排水先には容器を置いて受けています







~おまけ~
この取出し金具をフルに使ったのがミニ池 詳しくはこちらをクリック


そして図面・・・と呼んでいいのか(笑)  一応クリックで大きくなります 見ずらいですが・・・
横方向から水が出るので底砂を巻き上がらせずに水を足せますし
ガンガン水を入れても当然あふれません
ということは水を足してオーバーフローするだけで水換えも出来るので楽チン 
そしてオーバーフロー管の長さを替えると水位の高さも変えられる優れもの エッヘン 
図


ブログランキング・にほんブログ村へ

クリックして画像を大きくさせる方法が分からないので調べたけどよく分からない・・・グッタリ
そしてナントこの長文の記事、書いたのを間違って消してしまってこれが2回目・・ガックシ タハー



追記
オーバーフローの網目から針子が流される可能性といいましたが、今まで私のところでは流されたことはありませんので参考までに・・

スポンサーサイト
プロフィール

kanbee

Author:kanbee
ウォータガーデンビオトープやアクアを
しながら暮らしています♪

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。