飛べ飛べ!めだか

メダカの飼育記録、ビオトープや平凡な日常の出来事など♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡の一匹!?

今回は長文になりますのでしばしお付き合いを。

以前に地震にそなえてテレビを固定したという記事をUPした事がありますが、まんまとその次の日に大きくゆれました。

これが震度6に耐えた金具です。
おかげでテレビがひっくりかえらずに済みました。
震災 (3)





こんなに金具が変形しています。
ステンレス製の結構ごっつい輪っかの金具なんですが伸びています。
震災 (4)

スゴイちからです。





しかし今回の被害は地震の揺れではなく津波の被害が甚大だと感じます。
津波が来る前はブロック塀が倒れたり、家の外壁が剥がれたりしてる程度で建物の倒壊はそんなに見受けられなかったと思います。
すぐに大津波警報がでましたが自宅の2階に避難した人、避難しながら停電になったコンビニで買い物してた人、必死に走る人や談笑しながら高台に向かって歩いていった人、この瞬間は誰もがこんな大きな津波が来るなんて思いもしなかったと思います。
まあ海沿いの数キロまでは2階建ての鉄筋コンクリートの建物がひっくり返って流されたり、3階の屋上まで水が来る状況なので近くに高台が無いと厳しかったでしょう。

私の子供の友達も幼い兄弟ですが流されました、連日母親が捜しに行きますがいまだ見つかりません、燃料の問題は深刻です移動手段が奪われ一日の猶予もありません。どういう形であれ両親の元に帰れるよう願っています。






会社の人の話です。
真ん中の軽トラが会社の車で奥の建物が消防署の出張所です。
職場の人が警報のなか渋滞に巻き込まれていたとき津波の第一波に流されてしまいましたが運よく消防署にぶつかり止ったところを消防署員に救助されました。なんという強運!
服がびしょ濡れだったので消防服を借りて着替えたそうです、この日は雪が降っていて相当寒かったので本当に幸運な事です
写真では建物から離れてますが、これは後日除けられただけで本当は入り口に調度ぶち当たり
九死に一生を得たわけです。
残念ながらそのときの前後の車は運転手を乗せたまま流されたそうです。
震災
本人いわくハンドルを切ったら舵をとれたと言っていますが本当かどうか・・・まあ命があるから笑い話にもなるわけで。
2日かけて会社まで歩いてきた時はラジオも携帯も無く世の中どうなったか不安でしょうがなかったようです。


ちなみに後で分かったのですがこの消防署の裏の山には会社の人が合計3人ほど逃げていたようです。
携帯も通じないのでみんなバラバラでしたが、防災放送が「津波に注意して下さい」と言っていたので道具を片付けて逃げる準備をしていると次の放送では「10mの津波が到達しています!」
お~やばい~ と裏山に登って一晩過ごしたらしいです。
夜の真っ暗な中で第二波三波と大きくなる波が家や車を流し、時々流されている車のライトやクラクションがショートするからでしょうか鳴り出したりガスボンベに引火してあちこちで爆破する様子をただボーっと見ていていたそうです。

安否を気遣っていたこちらは海沿いで仕事そしていた事は知っていたので3日連絡が取れないときはダメかもなんて頭をよぎりましたが、拾った自転車で帰ってきた姿が目に飛び込んだときは本当に嬉しくて飛びつきました。



あちらこちらで車の山ができています。
DSC01755.jpg






みな津波に流された車です。
ここは以前住んでいたアパートのすぐ近くです。よく買い物なんかでここを歩いていたのですが景色が変わりすぎてなにが現実か分からなくなってきます。
DSC01764.jpg





ここは国道で本来なら大型車がびゅんびゅんと走り回っていますがこの有様です。
震災 (9)





一見すると家は残ってるように見えますが瓦礫とドロで大変な状況です。
DSC01727.jpg









海沿いはもっと大変です。右側の建物がかろうじて残っていますが、この奥には寿司屋がありスーパーがあり・・・なんて面影が全くありません、奥に見えるガソリンスタンドの屋根で位置関係がようやく思い出せます。
震災 (8)






元々は住宅が立ち並ぶ場所ですがあるのはどこまでも続く瓦礫の山です。塩水とドブと油とこげた匂いで耐えられないくらいです。
震災 (7)






道路ではこんな大きな船が流され道をふさいでいます。
震災 (2)






こちらは車を載せて建物に刺さっています。
震災 (1)

瓦礫が無くならないと個人での片付けはできないのでまだ時間がかかりそうです。
まさか自分の生まれ育った街がこんな事になるとは思いもしませんでした。
しかし自衛隊や消防隊は頼もしいです。




皆さん口々に言いますが津波って海の水かさが増えるだけだと思っていたといいますが、私もそのような認識でした。しかし実際は全く違い高さ10mの激流が市街地を襲うということです。
今では余震では大概ビビリませんが津波のおそれありと聞くと皆、車を降りて高台に走ります。
それだけ津波の怖さが身にしみて分かったということです。

ちなみに津波からの避難は車を捨てて走って高台に、車を取りに戻ったり渋滞に巻き込まれた人は軒並み被害に遭っています。車は水の前では簡単に浮きますのでご注意を!








長文になりましたが最後にちょっと明るい話題を。

地震の日揺れた瞬間に頭に浮かんだものは「水槽の水!」揺れが収まるかどうかの瞬間に車に飛び乗り家に!お~水槽よ倒れないでいてくれ~
その後、その時私の居た場所も津波にのまれたので結果オーライということで
車をとばして走っていると橋の付け根が落ちていて、すごい段差でジャンプ!体中に衝撃が・・・
家に着くと水槽は倒れていないけどこぼれた水の量がすごい、床が水びたしです。とりあえずタオルでサッとだけ拭き取り職場へGO
(ワイフとセガーレは里帰りからの帰宅の電車の中)家の中はひっくり返った物と水でぐちゃぐちゃです。
後日拭いた水をいれたバケツを庭の池にジャバーと投げました。

めだか (1)
水の中の鉢も倒れてます





先日の朝歯を磨きながらボーと池の中を見るとなんとチビめだかが!
めだか

おそらく床を拭いて絞った水の中に紛れていたのでしょう。
ミラクルな一匹です。 元気に育てよー

ブログランキング・にほんブログ村へ

奇跡というより、お前がずぼらなだけなんて言いっこなしよ~




スポンサーサイト
プロフィール

kanbee

Author:kanbee
ウォータガーデンビオトープやアクアを
しながら暮らしています♪

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。