飛べ飛べ!めだか

メダカの飼育記録、ビオトープや平凡な日常の出来事など♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルキぬきvs塩素

この前の塩素の残量測定の番外編です

市販の一般的なカルキ抜きの薬剤で塩素は本当に抜けるのか!
というのも実験してました





まずはカルキ抜きを用意します
DAI-SOの商品です
DSC07315.jpg




規定量入れてグルグルと混ぜまして




結果は・・・・






塩素は0㎎/ℓです 完全に0です 綺麗に000が三つ並んでいます
パチンコならヨッシャー!と喜ぶところ(笑
塩素を中和する薬剤なので当然と言えばそうなんですが、いさぎよくて気持ちいいですね
DSC07226.jpg

説明書きには中和して5分後と書いてありますが、実際はかき混ぜた瞬間に0になりました

すごいなカルキぬき
100均の商品でもあなどれないものですね










塩素とは全然関係ありませんが、もうひとつ
以前にも紹介したエアーリフト式のスポンジフィルターの音消し&泡消し
先端に外部フィルターの吸い込みカバーを付けたら、あっさり解消
カバーの中で泡は小さく砕けてくれます
DSC07253.jpg







それと、空気の小さい粒が流れ込んで良い具合に水槽内に酸素を供給してくれます
泡のブクブクの撥ね返りでガラスを汚すこと無く、音もなく静かで良い感じです
IMG_1544.jpg


にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ

スポンサーサイト

バックスクリーン

ようこそ 子供のスキー成長日記 

滑れ滑れ!セガーレ のブログへ・・・







今シーズン初めてスキースクールに2回ほど入りましたが、ナント!
もうボーゲンで滑れるようになりました (゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ
DSC07262.jpg

子供は覚えるのが早いですね~
今度行くときは初リフトに挑戦ですかね












話はガラッと変わって、みなさんは水槽にバックスクリーンって貼ってますか?

自分は基本貼らない派です(面倒なので)

でも、めだか水槽だけは色揚がりを期待して貼っています



そのバックスクリーン実は今まで黒色の画用紙を使ってました
セロテープでペタペタと
IMG_0914@.jpg







別に不自由は無かったのですが、リセットと同時に気分転換で変えてみました
これ、なんだかわかります?
IMG_2201.jpg












プラスチックダンボールでした~
DSC07328.jpg













どうでしょう?パッと見いい感じではないですか~
IMG_2253.jpg




バスクリン バックスクリーン 似ているの   Kanbee心の俳句〆(´д`○)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ

室内でも塩素は抜けてるの?

ずいぶん前に、こんな検証をしたことがあります
水道水は屋外に放置したらどのくらいで塩素は消えるのか!?

過去記事は→こちら








「今回は屋内で水道水の塩素は抜けるのか!」を確かめてみます


ポリ容器に汲んだ水道水を塩素測定器で測ってみます
0.26㎎/ℓありました
DSC07216.jpg




ここから時間の経過でどう変わるのか?を測って見ます


室温は20℃前後 窓からは日の当たらない場所


この条件で計測です















6時間が経過しました





どうなったでしょう












0.25㎎/ℓ あんまり変わんないっすね・・・・
スタートが0.26㎎/ℓでしたので、わずか0.1㎎/ℓ減っただけでした
DSC07234.jpg



と、いう訳で6時間では大した変化はありません








それなら一日(24時間)ではどうでしょう









0.19㎎/ℓ まあちょっと減りましたね
どこから飼育水に使っていい基準かはわかりませんが、おそらくこれは良くないと思います
DSC07237.jpg







それではさらに24時間

検証開始から2日目です























0.12㎎/ℓ また微妙な減り方を・・・
開始が0.26㎎/ℓですから、約半分になりました
DSC07245.jpg









正直この検証こんなに時間がかかるとは思いませんでした



軽い気持ちでスタートしましたが、だんだんと面倒くさくなってきてます(笑

しかし、こうなると意地です






とことんいきます 3日目に突入!










結果は・・・













3日経過した






その数値は













0.03㎎/ℓ!!
かなり数字は下がりました 3日目で急にガクンと下がりましたね
ここまでくれば観賞魚にも無害でしょうか
DSC07255.jpg


屋内に置いた容器では塩素が抜けるまで3日かかるという結果になりました
結構かかるものなんですね

とはいってもあまり神経質になることはないと思いますけどね
めだかは多少の塩素が残っていても平気かな?ぐらいに自分は思ってます 
あくまでも自論ですし、多少の塩素の話ですよ
本当のとこは知りませんのであしからず
(大量の塩素は魚のエラ組織を破壊しちゃいますからね)



逆に言うと3日間は人間が安全に水が飲めるということ
震災のとき給水車などから汲んだ水は「3日で使いきってください~」と言っていました

こういうことなのですね

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ

ついにエアーフィルターの泡を!

どーも マッドサイエンティストkanbee博士です

地球を征服する発明はできませんがエアーリフト式ろ過器の泡を消す実験をしていますw



あの水面で泡がはじけてあたりを汚すのが許せないお年頃
・・・そして人生の折り返し地点も見えてきてるお年頃でもありますが(笑







前回のエアーフィルター、スポンジフィルターの泡消し・音消し失敗作戦で学んだ事

空気の出る箇所(エアーストーン部分)で空気の粒を小さくしてもあまり効果がなかった事
上に上がってくる時に泡がくっついて結局大ききな泡になりました
そのほか水の出が悪くなったりデメリットの方が大きい気がしました

やはり最終の水槽内に水が出て行くところでなんとかしなければ・・・
というのが今回の作戦









用意したのはプラスチックの鉛筆立て 100均です
後ろに磁石がついている代物です
あと後ろの下の方に小さい穴が2つ開いています(←ここ重要)
DSC02371_20121116152338.jpg















その鉛筆立ての横に穴をドリルであけます
DSC02382_20121116152337.jpg










穴の大きさは底面ろ過の吐水部分が入る大きさで
分かりづらいですか?・・・
DSC02384.jpg











こういう事です
吐出した水は鉛筆立ての中に落ちて、その水は後ろの穴から水槽へ流れてくという訳です
DSC02388.jpg
















中は泡が飛び散らないように水ゴケを適当にいれておきます
DSC02386.jpg







鉛筆立て(書くの面倒くさくなってきました)略してE.T.
固定のために後ろで磁石を使って挟み込みます
磁石付きグリップを使いました 別に磁石ならなんでもいいんでしょうけど
DSC02399_20121116152407.jpg







ここでいよいよエアーポンプのスイッチをオンに!









どうなんでしょう?










ドキドキします









あ~やっぱり・・・なんてことは・・・・










・・・・・・・



















鉛筆立て(書くのメンドくさ)略してE.T.の後ろの穴から静かに水だけが流れてきてます

泡はひとつも出てきません 

正確には水の中に小さな空気の気泡は混じってますので飼育水に酸素の供給は出来るようです

耳をすませばE.T.の水ゴケの中では泡が静かにはじけている音がします








水面が波ひとつ無く凪(なぎ)ってます

当然大きな泡は見えません

これはこう呼んでいいですよね!!

ヤタ━━ヽ( ^∀^)ノ ヽ(^∀^)ノ━━ !!☆大成功と!!
DSC02391.jpg














E.T. の上には観葉植物を鉢のまま置いてみました
水ゴケなんで植物の直植えも出来ちゃうでしょうね
水草の水上化をしてもよし!すこし大きいE.T.を用意してミニテラリウムもよし!楽しいですね~♪
DSC02439.jpg










ところでこの水槽以前はめだかを入れてましたが、今は繁殖コーナーへ引越し済み
今回の実験のためだけに立上げたので入れる生体がいない・・・というオチが(笑
DSC02450.jpg












まあいいや実験成功ですから

今回の実験のなにが良いって低予算!
使ったアイテムは全て100均です

100均に買い物に行ったついでに多肉とガラス容器も揃えちゃいました
こちらも全て100え~ん ←トーカ 堂の社長風に(笑
DSC02421_20121116152407.jpg


とにもかくにも今まで長年の念願!
エアーフィルターの泡と音を消す事ができました
嬉しいな~♪








しかし、エアーポンプではなくて水中モーターを使えば泡は出ないだろうって?


にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ

いいえ あくまでも『エアーリフトの泡を消す』が念願ですから(笑

ライトスタンドの作り方

久しぶりにアクア関係のDIYを紹介します

小型水槽の照明にグリップ式のライト使いたんだけど固定する方法がないな~という事で
以前にこんな自作水槽照明スタンドを作りました
今でも使うことがあるので役立ってます










今回は水槽を出すのが面倒だったのでとりあえず写真用にバケツを照らしています
キューブ水槽なんかだと丁度いい大きさになると思います
2個並べれば60センチ水槽でもいけそうです やったことはありませんが・・・
DSC04998.jpg








材料はHCで売っていたアルミのバーとL型の金具と縫い付けるボルトナットのみ
DSC05000.jpg











L型の金具の穴に合わせてドリルで穴を開けて止めるだけ
アルミのバーなので金属ドリルで間単に穴は開きます
DSC05001.jpg














水槽をL型金具の上に置いて使うので水槽の下にはマットを轢いたほうが良いかもしれませんね
メタル的な質感がいい感じで結構気に入ってます
DSC04997.jpg

へぇ~俺も作ってみようかなーと思ったあなた!
お気をつけて 一応これは私の名前で特許を東京特許許キョカキョキョキョク・・・・・

トウキョウトッキョキョキャキョキョクキョ・・・・・

トキョトッキョキョキャキョキャ・・・・・・・・・・・

ちょっくら新人シャンソン歌手新春シャンソンショーに行ってきます(´・ω・`)

ブログランキング・にほんブログ村へ

ところで東京特許許可局って実在しない機関らしいですよ 知ってました?
プロフィール

kanbee

Author:kanbee
ウォータガーデンビオトープやアクアを
しながら暮らしています♪

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。